共通メニューなどをスキップして本文へ

WEB
アクセシビリティ

テニスコート

ウェブアクセシビリティへの対応について

平成28年(2016年)4月1日に施行された「障害者差別解消法」や総務省からの「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」において、全国の自治体が運営するウェブサイトがウェブアクセシビリティに対応するための取り組みが求められています。

ウェブアクセシビリティとは

ウェブサイトを利用する高齢者や障害者を含めた利用者が、利用環境やウェブサイトの機能に関係なく、ウェブで提供されている情報を正しく取得し、利用できることを意味しています。

当施設での取り組みについて

当施設では、「障害者差別解消法」や「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」で示す高齢者や障害を有する人を含めた全ての利用者が快適に利用できるようウェブアクセシビリティに対応していきます。

ウェブアクセシビリティ方針

対象とする範囲

MIYACOCOみなとドームの公式ウェブサイト(http://www.himejiminatodome.jp/ から始まるページ)を対象とする。

対象とする範囲から除外するもの(令和2年10月1日更新)

以下の項目について、ウェブアクセシビリティ方針から除外しますが、今後、達成時期、達成手法等について検討を行っていきます。

PDFファイル

Googleマップを使用している全てのページ

目標とするJIS X 8341-3:2016の適合レベル

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠することを目指します。
JIS X 8341-3:2016にはA、AA、AAAの3つの適合レベルがあります。
適合レベルAAに準拠とは、適合レベルA、およびAAのすべての達成基準を満たすことで、この表記方法は、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)別ウィンドウで開くが公開している「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」別ウィンドウで開くで定められた表記です。 なお、総務省の「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」において、国や地方公共団体等の行政機関は「適合レベルAAに準拠」することが求められています。

目標を達成する期限

令和2年度末(2020年度末)までとします。
令和元年度(2019年度)に実施したJIS試験の結果が「A 一部準拠」であったため、引き続きウェブアクセシビリティの取り組みを行い令和2年度末(2020年度末)までに適合レベルAAに準拠することを目標とします。

JIS X 8341-3:2016に基づく試験結果について

令和元年度(2019年度)JIS X 8341-3:2016附属書JBに基づく試験結果
※令和2年9月にサイトリニューアルを実施したため、前サイトの試験結果となります。

ウェブアクセシビリティ取組確認・評価表について

総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年)」に基づき、ウェブアクセシビリティに関する取組確認を行いましたので公表します。

取組確認日

令和2年9月30日

個々のホームページの取組確認・評価結果

「継続性」については、16ポイント中、15ポイント
  • ガイドライン
    団体として策定した共通のガイドラインに則って運用している
  • 職員研修
    毎年アクセシビリティに関する職員研修を実施、または参加しており、来年度以降も継続する予定である
  • 検証
    毎年アクセシビリティに関する検証を実施し問題点を把握しており、来年度以降も実施する予定である
  • 改善
    公開しているページの改善に毎年取り組んでおり、来年度以降も実施する予定である
「実現内容の確認と公開」については、8ポイント中、3ポイント
  • 取組の実現内容
    過去3年いないにアクセシビリティに関する取り組み内容について取組確認・評価表により確認していない
  • アクセシビリティの実現内容
    過去1年以内にアクセシビリティの実現内容について、最新のJIS X 8341-3に基づく試験により確認し、結果をホームページで公開した
「利用者との協調」については、6ポイント中、0ポイント
  • 利用者の意見収集
    一般的な意見収集としては取り組んでいるが、アクセシビリティについて積極的な意見収集には取り組んでいない
  • 利用者との協力体制/ユーザー評価
    アクセシビリティを確保・維持・工場のために、利⽤者(社会福祉協議会、当事者団体、⽀援団体等を含む)へ協力を求めたことがない

よって、30ポイント中、18ポイント となった。

今後の取組予定

取組確認・評価結果に基づき、特に0ポイントであった「取組の実現内容」「利用者の意見収集」「利用者との協力体制/ユーザー評価」について検討を行い取り組む予定です。